守谷城周辺の戦い

 守谷城はその周辺を高野城・高井城・筒戸城・菅生城・布施城・大木城などの支城で固めていました。それらの周辺を含めた戦いを文献などから抽出すると「享徳の乱 」から「小田原合戦」まで9回の戦いがあったことが窺われます。

 ①文正元年(1466)「金杉二郎五郎盛屋ニテ被打」(本土寺過去帳)。応仁の乱の前年、関東では享徳の乱(足利成氏と管領上杉氏の争い)の最中で守谷で戦いがあったと推定されます。金杉氏は船橋近辺の領主で千葉氏に属しています。
 ②天文16年(1547)閏7月、「河越夜戦」の翌年、相馬氏は足利晴氏に与したため、北条氏康の命で江戸衆の桜井某、興津神二郎らが「相馬口」に押し寄せてきました(北条氏康書状)。
 ③弘治2年(1556)カ 「今度、相馬家中の仕合わせ、是非無き題目に候、梁田中務大輔(晴助)に御勢を遣わす事、仰せ付けられ候、速かに一勢立ち進じ候はば、感悦たるべく候」(足利義氏書状写)。「相馬地在所に向い御動き有るべく候」(足利義氏書状写)。この頃相馬家で内紛があり簗田晴助が大将として押し寄せてきました。
 ④永禄5年(1562)正月13日、簗田晴助の相馬領侵犯の野望は根強く、家臣の鮎川図書助宛「簗田晴助感状写」/『秋葉家模写文書』に、「今度目吹の城の攻略、粉骨抽んでて走廻の条、いよいよ忠信励むべく候、謹言」と相馬領の目吹城(野田市目吹)を攻めてきました。また、同年4月22日、家臣の石山隼人佐宛「簗田晴助判物写」(『下総旧事考』)に、「今度相馬の地、若し本意に就けば、佐賀主水抱えの知行分、相違有るべからず候、いよいよ以って忠信励むべき者也、仍て件の如し」と書状で約束し督戦しています。
 ⑤天正2年(1574)6月、「総州相馬の地に向い干戈を遂げられ」(東義久書状)。相馬氏は北条氏に与したため佐竹氏から攻撃を受けました。東義久から上杉謙信への書状。
 ⑥天正12年(1584)9月、「今度佐竹向表相動處防戦堅固之故、早速敵退散」(北条氏直書状)。高井胤永(相馬治胤の弟)は佐竹方の相馬表への襲来に堅固な防戦をしたとの感状と包永の刀と三種一荷を北条氏直から拝領しました。

戦記書物には
 ⑦永禄4年(1561)8月、小紋間城主一色宮内政良が大鹿城(取手市白山現競輪場)を不意打ちし城主大鹿太郎左衛門は討たれ落城しましたが、高井十郎らが駆けつけて一色宮内を敗走させました(東国闘戦見聞私記)。
 ⑧天正16年(1588)3月、足高城落城の勢いをもって多賀谷勢3000が寄せてきました。守谷勢は相馬小次郎・本田越中・高井民部・椎名佐渡・斎藤和泉・前野修理などが木戸を開けて戦い撃退しました(東国闘戦見聞私記)。
 ⑨天正17年(1589)7月、多賀谷勢の白井全洞による筒戸城への攻撃で筒戸城主相馬胤親・本田越前守・川口播磨守らが城を出て防戦します。守谷城から駆け付けた横田民部少輔が横合いから攻めたため、全洞は坂手村まで敗走しました。翌日、治胤は夜襲を命じます。雨降る夜明け前、横田民部は五十騎で、鐘や太鼓を鳴らして白井勢の野陣を急襲しました。そこに長谷川勢から矢を雨霰の如く射かけたから堪らず、白井勢は総崩れして下妻へ逃げ帰りました(多賀谷七代記)(関八州古戦録)(東国戦記実録)。

 度重なる北条・佐竹・多賀谷氏などの大敵に屈しなかったのは、守谷城の地形が蚕飼川(鬼怒川+小貝川)・常陸川・藺沼(現利根川)など広大な河川と湿地帯に囲まれ、大小の谷津田が入り込み、城の三方が湖沼という自然の要害に恵まれた難攻不落の名城であったからと言えます。